インプラント/入れ歯|星川駅前歯科クリニック|星川の歯医者・歯科

〒240-0006 神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川1-1-3 KNOCKS星川2F
TEL045-461-9595
ヘッダー画像

インプラント/入れ歯

インプラント/入れ歯|星川駅前歯科クリニック|星川の歯医者・歯科

インプラント

インプラントについて

歯の模型

昔は歯を失った際の治療といえば、入れ歯(義歯)やブリッジが一般的でしたが、近年、第3の治療法としてインプラントが広く普及しています。
インプラントとは、チタン製の人工歯根を顎の骨のもともと歯があった場所に埋め込み、その土台のパーツを介在させその上に人工歯を取り付けることで、天然歯のような噛み心地と見た目を実現できます。部分入れ歯やブリッジとは異なり、健常な両隣の歯を削ることなく残存率も高い治療法です。
インプラントは、他の治療法に比べて安定感や使い心地が良いとされています。その秘密は「支えの強度」にあります。人間の噛む力は、強く噛みしめたときには、60~100キロもの力がかかるといわれています。天然歯は根っこ部分が顎骨に支持されており、その力に耐えうるようにできています。インプラントはその天然歯と似たような構造を持つため、咬合力に耐えることができるのです。硬いものを食べたときの違和感や痛みに悩まされることはありません。まずは、お気軽にご相談ください。

このようなお悩みありませんか?

  • 抜けた歯が気になる
  • 歯がない部分があるけどこのままで大丈夫?
  • インプラントって痛い?
  • 入れ歯に違和感がある
  • ブリッジや入れ歯をやめたい

インプラントのメリット/デメリット

メリット

両隣の歯を削る必要がない

部分入れ歯やブリッジのように周りの歯を削ることなく、単独で治療ができます。

残っている歯に負担がかからない

天然歯のように噛む力を顎の骨が直接受け止めるため、部分入れ歯やブリッジのように残存歯への過剰な負担をかけません。

天然歯と同じ強さで噛める

インプラントと顎骨が結合(オッセオインテグレーション)するため、入れ歯などの義歯では味わえない天然歯に近い噛みごたえが期待できます。留め具などもなく、ご自分の歯とほぼ同様の感覚が得られます。

見た目が自然で審美性に優れている

歯ぐきから歯が生えている状態を再現できます。天然歯と区別がつかない自然な仕上がりです。

デメリット

手術が必要

顎にインプラントを埋め込む外科手術が必要となります。

治療に時間がかかる

インプラントを入れた後は、骨と結合するまで時間がかかります。症例によりますが、治療終了まで3〜6カ月くらいかかることがございます。

自由診療

健康保険の適用外で自費診療になるため、治療費が高額になります。

※治療が適応できないことがあります。糖尿病などの全身的な疾患や、顎の骨の状態がよくない方は、治療に制限がかかります。事前にご相談ください。

※正しい清掃方法の習得とメンテナンスが必要となります。インプラント周囲炎(歯周病)になるリスクがあるため、丁寧なブラッシングが必要です。磨き方のコツを習得していただく必要があります。歯科での定期的なメンテナンスも必要になります。

インプラントの費用について

入れ歯

入れ歯(義歯)について

歯を失った場合の治療法には、ブリッジやインプラントなどのほかに「入れ歯治療」があります。入れ歯には、総入れ歯や部分入れ歯など様々な種類があり、材質や構造も多様で、患者様一人ひとりのご希望やライフスタイルに合わせて製作することができます。
入れ歯は、「食事を味わう」「噛みしめる」「喋る」「笑う」などの行動を支える体の一部となり、健やかな毎日を送るためには、お口にフィットする入れ歯を手に入れることがとても大切です。当院ではお口全体の治療計画をしっかり立てて、十分なカウンセリングを重ねて一緒に考えながら治療を進めていきます。

このようなお悩みありませんか?

  • 入れ歯あるけど噛めないから使っていない・・・
  • 新しい入れ歯をつくりたい
  • 話しにくい、食べにくい
  • 歯がグラグラする
  • 入れ歯の見た目が気になる

入れ歯の種類

保険診療と自費診療で製作する入れ歯の違い

保険診療

長所

  • 保険適用なので、費用を安く抑えることができる
  • 入れ歯製作の工程が少ない分、通院期間が短い
  • プラスチックで製作するため修理がしやすい

短所

  • 材質がプラスチックに限られるため、装着時に違和感などが出る可能性がある
  • 強度や耐久性が低く、変色や破損が起こりやすい
  • 温度感覚に乏しく、食事のおいしさを感じにくくなる
自費診療

長所

  • 使用できる素材(金属製、メタルフリー、シリコン製など)が豊富で、好みやフィット感など自分に合った入れ歯に仕上がる
  • 金属製は熱の伝わりが良く、おいしく食事を楽しむことができる
  • 自然な見た目になる
  • 強度や耐久性に優れており、変形や破損、変色を起こしにくい

短所

  • 治療費が高額になる
  • 細部にわたって丁寧に製作するため、入れ歯の完成までの工程が多く、通院期間が長くなる
  • 修理が難しい場合がある

総入れ歯と部分入れ歯

入れ歯には大きく分けて「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類があります。
「総入れ歯」は多くの歯を失った場合に使用するもので、上下いずれかの顎(あご)全体を覆うタイプの入れ歯です。顎と接着する部分(床)と人工歯で構成されています。
保険診療内で製作する場合、床は合成樹脂、人工歯はプラスチック素材を使用します。自費診療では、素材の選択肢が増えて、床にチタンなどの金属を使用したり、人工歯にセラミックなどを使用したりして製作することができます。
「部分入れ歯」は歯の一部分を失った場合に使用します。歯が持っている本来の機能を、残った歯と部分入れ歯で回復するように設計されています。欠損部分の両隣の天然歯に、金属のバネ(留め具、クラスプ)をかけて固定します。保険診療ではバネ部分が金属製になりますが、自費診療では金属を使用せずに、自然な見た目に仕上げることもできます。

入れ歯製作の流れ

1.問診・カウンセリング

患者様一人ひとりに適した入れ歯を製作するため、ご要望や口内のお悩み、ライフスタイルなどを詳細にヒアリングさせていただき、お口の状態を検査して、治療計画を立てていきます。

2.個人トレーの製作

実際の入れ歯製作ではまず、大まかな型をとり患者様専用の型取りの装置(個人トレー)をつくります。

3.精密な型取り

2で製作した個人トレーを用いて精密な型を取ります。この型から「咬合床」と呼ばれる土台をつくります。

4.噛み合わせの決定

咬合床を使って噛み合わせ位置を採取します。これを咬合採得といい、患者様の顎の上下の位置関係を調べて決定します。

5.仮入れ歯の製作

人工歯を排列し、ロウで仮入れ歯を製作します。入れ歯の高さの再現性、見た目やフィット感などを確認します。

6.入れ歯の完成

必要に応じて仮入れ歯を調整して、本入れ歯用の素材で製作します。
完成した入れ歯を患者様のお口に合わせていきます。

7.調整

入れ歯は、ただ入れているだけのときと、食事しているときでは違った動きをします。
新しい入れ歯は、歯ぐきになじんでいないので、使用していただきながら問題点を確認し、しっかり噛めるように調整していく必要があります。個人差はありますが、3~4回程度は調整が必要になります。

入れ歯の費用について

PageTop